<技術・サービス> クロス・スティック工法

低コストかつ短時間で管路内面の補修施工が可能

道路を掘らずに、地中管路の破損個所を管路の内面から補修するこの工法は、1時間程度で硬化する複合材料を、エアーチューブを使って破損部分に接着・硬化させることによって補修する方法です。
この複合材料は、ガラス繊維を素材とする布(クロス)に不飽和ポリエステル樹脂を含浸してマット状に成形したものであるため、補修個所は、鉄筋コンクリートや鋼材に劣らぬ強度になります。

この工法の開発によって、低コストかつ短時間での管路内面の補修施工が可能となりました。

クロス・スティック工法