<技術・サービス> トンネル内機械式配管工法

管材(TPFP) の一括引入を可能とし、作業環境を大幅に向上します

トンネル内機械式配管工法は、直線/曲線トンネル内にスムーズに管材(TPFP) を一括引入することを可能とし、作業環境を大幅に向上します。
この工法には先導台車と管受け台があるのが特長で、まず先導台車がトンネル線形に沿って走行し、その台車の軌道を、管受け台の両端の連結ワイヤーで、後続の管受け台が追従しスムーズに走行します。また管受け台は、上下に交差させた転倒防止材によって傾斜を防止しています。