<技術・サービス> 太陽光発電システム

騒音や振動がなく、メンテナンスフリー、お客さまの設備や設置場所に適した構成をご提案

太陽光発電システムは、無尽蔵な太陽の光エネルギーを太陽電池パネル(アレイ)を通して、電気エネルギーに変換するシステムで、21世紀の地球環境にやさしい発電システムです。同システムの特徴は、太陽光を得られる場所ならどこでも設置でき、騒音や振動がなく、メンテナンスフリーで、運転に燃料もいらない簡便性の高いものです。太陽電池の直流出力は、インバータで交流に変換し、一般の電力とともに使うことができます。

これまで関電工は、数多くの発電計画を日射量の調査から、システムの導入計画、太陽電池の設置、さらには、変電設備の保守・運用まで一貫して実施してまいりました。こうした経験を通して、太陽光発電システムの設計技術、低コストな設置工法などについて豊富なノウハウを蓄積しており、お客さまの設備や設置場所に適したシステム構成、機器および設置容量の決定を行うことができます。

平成14年には、NEDO技術開発機構「集中連系型太陽光発電システム実証研究」の委託を受けました。これは全国で唯一の研究で、群馬県太田市において、住宅約550戸に3~5kWの太陽光発電システムを設置し、平成14年12月~平成20年3月までの間、電力系統への連系上の問題点やシミュレーション手法の開発などの研究を行いました。

風力発電