環境への取り組み

低炭素社会を目指して

私たちは今日まで産業、経済の発展により、数多くの恩恵を享受してきましたが、その一方で、地球温暖化、環境汚染、生態系の破壊など、地球環境に多大な負の影響をもたらしました。
生存の基盤である自然環境との共生は、健全な社会の存立にとって不可欠であるとともに、企業活動においても常に心掛けなければならないテーマであると考えます。
私たちは、長期的な視野に立ち、持続可能な社会の創造に向けた環境ビジョンを持つことが、企業経営にとって重要な社会的責任であると考えています。今後とも、将来に向かって健全で安全な地球環境を残すため、環境負荷低減に資する事業活動に取り組んで参ります。

低炭素社会の実現に向けて

当社は、1995年に「関電工環境基本方針」を制定し、「建設副産物の発生抑制・再利用」「地球温暖化防止」「有害物質対策」「社員の環境教育」を重点的に推進するとともに、建築設備、情報通信設備、電力設備分野における豊富な設計・施工経験を活かし、環境に配慮した技術・工法の開発、省エネルギーシステムの設計・施工などに取り組んでおります。
グループの総力を挙げて環境保全の推進を図るとともに、エネルギー産業に携わる企業として低炭素社会の実現に積極的に寄与して参ります。

関電工環境基本方針

理念

株式会社関電工は、循環型経済社会の構成員として、豊かな人間環境づくりに取り組み、絶えざる自己革新によって、地球環境の保全活動に貢献します。

行動方針

  1. 地球環境の保全活動を、経営の重要課題の一つとして位置づけ、環境マネジメントシステムの改善を図るとともに継続的向上に努めます。
  2. 省資源、省エネルギー、資源リサイクル、汚染防止を、目指した活動を展開するとともに、廃棄物の減量化を推進します。
  3. 法規制及び協定書を遵守するとともに、環境に関する自主基準を制定し、環境保全に取り組みます。
  4. 社員への環境教育を徹底し、環境保全意識の向上に努めます。
  5. 地域社会との協調連帯を図り、社会との調和に努めます。

環境推進体制

当社の環境保全活動の方針・行動を審議する目的で、社長を議長とする「安全・環境・品質会議」を設置するとともに、「安全・環境・品質本部 環境部」を主管部署として、施工本部には「安全環境品質推進グループ」を地域本部には「総務部 総務チーム」・「安全環境品質推進グループ」を設け、環境活動を推進しています。

環境推進体制

環境マネジメントシステム

当社は、環境基本方針に基づき、全社にわたる環境マネジメントシステム(EMS)を構築し、継続したシステムの改善に取り組み、積極的な環境保全活動を推進しています。
本社・地域本部・支社・営業所が一丸となって環境保全活動を推進するため、全社でISO14001に準じた環境マネジメントシステムを構築しています。また、第三者の公平、公正な判断を仰ぎ、環境管理の水準を高めるために、南関東・東海営業本部でISO14001の認証取得をしております。

ISO14001外部認証取得状況一覧表

本部・支社 登録範囲 審査登録機関登録番号
南関東・東海営業本部神奈川支社静岡支社名古屋支社 一般電気設備工事、給排水・空調設備工事、情報通信設備工事、電力設備工事に係るすべての活動 財)電気安全環境研究所 E06-570
登録日:2007年3月29日(有効期限:2018年9月14日)

環境教育

環境教育

当社は、省エネ・CO2削減や廃棄物の適正処理など環境保全活動を推進するにあたり、社員一人ひとりの環境問題に対する正しい理解と環境に配慮した行動が重要と考え、様々な階層で環境教育を実施しております。
更に、環境に対する幅広い知識を持ち、企業や地域社会で自発的に環境保全に取り組む人を育成するための方策のひとつとして「環境社会検定(eco検定)」(主催:東京商工会議所)を社員が取得することを奨励しております。