企業行動憲章

関電工グループ企業行動憲章

Ⅰ.企業行動原則

関電工グループは、コンプライアンスの徹底による健全な事業活動を通じて社会の発展に貢献し、社会の一員としての責任を果たすため、以下の基本原則に従って行動します。

  1. 社会のニーズを常に把握し、社会にとっての有用性、安全性を十分に確認するとともに、技術革新を図り、最高のサービスを提供します。
  2. お客さま、地域社会、株主・投資家、取引先など、関電工グループを取り巻く関係者とのコミュニケーションを広く行い、企業情報を積極的かつ公正に開示し、透明性の高い開かれた事業活動を推進します。
  3. 事業活動のあらゆる場面において人権を尊重し、法令、社会規範及びその精神を遵守して公正、透明な事業活動に努め、談合行為等の排除はもちろんのこと、政治、行政等との適切な関係を保ち、社会から信頼される企業を目指します。
  4. 事業活動のあらゆる場面において、個人情報・顧客情報をはじめとする各種情報の保護・管理を徹底します。
  5. 事業活動のグローバル化に対応し、各国・地域の法律の遵守、国際規範の尊重はもとより、文化や慣習、ステークホルダーの関心に配慮し、国・地域に根ざした事業活動を通じて、社会、経済の発展に貢献します。
  6. 事業活動のあらゆる場面において安全を最優先するとともに、社員の人格、個性及び多様性を尊重して、働きやすい明るい職場環境づくりに努めます。
  7. 環境問題に取り組むため、再生可能エネルギーの活用をはじめ、省エネルギー、廃棄物の削減・リサイクルなど環境に配慮した事業活動を積極的に推進します。
  8. 市民社会の秩序、安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体に対しては、毅然とした態度で対応し、不適切な関係と疑われるような一切の行動を排除します。
  9. 経営トップはリーダーシップを発揮し、本憲章の精神を社内ならびにグループ企業に周知徹底するとともに、社内外の声を常時把握し、実効ある関電工グループの体制を確立します。
  10. 本憲章に反する不適切な事態が発生したときには、経営トップ自らが問題解決に当たり、原因究明、再発防止に努めます。また、社会への迅速かつ的確な情報公開を行うとともに、自らを含めて厳正な処分を行います。

Ⅱ.社員行動指針

私たちは、公正かつ適正な事業活動を通じ、お客さまに安全・安心と品質の高いより良いサービスを提供するとともに、関電工グループの一員としての自覚を持ち、次に示す事項を十分理解した上で日々の業務に従事します。

  1. 法令等遵守に関する事項
  2. 社会との関係に関する事項
  3. 公正な取引に関する事項
  4. 情報管理に関する事項
  5. 社員の行動と責務に関する事項
  6. より良い企業風土づくりに関する事項