<技術・サービス> 測定記録支援システム「BLuE」

測定器から送られてくる情報を、任意のExcel帳票・CAD図面・PDF図面などに直接入力することができるソフトウェア

従来、竣工検査などで行われる各種測定業務は、
  1. ①記録用紙(Excel帳票、CAD図面等)を印刷
  2. ②印刷した用紙に作業現場で測定値を手書きで記入
  3. ③測定作業終了後、PCに測定値を入力し報告書を作成
という手順で行われ、特に③のPCへの入力作業が現場の大きな負担となっていました。
この課題に対し近年、無線通信機能を備えた測定器と、測定値を受信・表示・記録できるソフトウェアやサービスが提供され始めていますが、任意の報告書に仕上げるためには、 データ変換やテンプレート登録等の手間が必要なものが多く、課題を十分に解決したとは言い切れない状況です。
そこで関電工では、測定器から送られてくる測定値を、任意の図面や帳票へダイレクトに入力することが可能な、測定記録支援システム「BLuE」を開発しました。

主な特長

  1. 1.無線通信による測定データの自動入力が可能
  2. 2.任意のExcel帳票、CAD図面、PDF図面に測定値を直接入力することが可能
  3. 3.複数の測定器を同時に接続し、入力先ファイル(ソフト)を開いたまま測定器を切替え可能
  4. 4.測定器と接続したまま、入力先ファイル(ソフト)を切替え可能
  5. 5.WindowsPC、iPadで利用可能

開発:㈱関電工

Windows、Excelは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
iPadは、米国Apple Inc.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。