お知らせ

  • TOP
  • お知らせ
  • 「ZEB Oriented(ゼブ オリエンテッド)」評価基準を達成

2019.12.18

ニュースリリース

「ZEB Oriented(ゼブ オリエンテッド)」評価基準を達成

 

当社は、人材育成センター(茨城県牛久市)のリニューアル工事において、「ZEB Oriented(ゼブ オリエンテッド)」の評価基準を達成しました。

SDGs(持続可能な開発目標)やESG投資などへの注目が高まり、エネルギー消費量の削減が必要とされる中、年間消費エネルギー量が大幅に削減された建築物であることを示すZEB※の更なる普及のため、2019年度に定義が拡充され、「ZEB Oriented」が制定されました。

「ZEB Oriented」は、延床面積10,000㎡以上で、用途ごとに定められた省エネ率を達成かつ未評価技術の導入が条件になっています。人材育成センターは、既存設備のリニューアル工事において高断熱化によるパッシブ技術、高効率空調システム導入によるアクティブ技術を組み合わせ、エネルギー消費量の削減を図っています。

今後もお客様のニーズを取り込むとともに、建築設備の省エネルギー化の推進に貢献して参ります。

※ZEB… Zero Energy Building(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の略称 先進的な建築設計によるエネルギー負荷の抑制やパッシブ技術の採用による自然エネルギーの積極的な活用、高効率な設備システムの導入等により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギー化を実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、エネルギー自立度を極力高め、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した建築物

リニューアル工事を行った人材育成センター(茨城県牛久市)

エネルギー消費量 教室→40% 宿泊室→30% の削減により評価基準を達成