中央監視システム EcoBACS

  • TOP
  • 中央監視システム EcoBACS

マルチベンダーに対応し
クラウドタイプの選定も可能な
中央監視システムEcoBACS

EcoBACSは建物設備監視とエネルギー管理に必要な機能を高次元で実現した中央監視システムです。
オープンネットワークによるマルチベンダー対応と汎用機器の採用によりオフィス、商業施設、研究施設、学校、工場などの設備を
効率的に運用することが可能です。 インターネットを利用した数建物の一元管理やクラウドシステムによるシステム構築も可能です。

中央監視システム EcoBACS

特徴

  • 監視装置に耐久性に優れるファクトリーコンピュータを採用
  • 高信頼性の汎用シーケンサーでメーカーを選ばない自動制御システムを構築
  • ワイヤレス通信でモバイル端末から場所を選ばない監視操作を実現
  • 通信の情報セキュリティに暗号化技術と認証技術で対応

活用事例

  • 電気、空調、衛生、防災、防犯の各設備の監視機能の統合化により情報連携強化、監視室の省スペース化を実現
  • 中央監視サーバのクラウド化でBCP対策強化とランニングコストの低減
  • 無線接続のIoT機器を活用した効率的建物運用を実現
  • 蓄積した設備のエネルギーデータと運転データで効果的な省エネルギー計画の策定を支援

お問い合わせ先

e-mail : ecobacs@kandenko.co.jp

WEBカタログ

WEBカタログ

EcoBACSはエネルギー使用合理化等事業者支援事業の対象EMSシステムです。

EMS:エネルギーマネージメントシステム
https://sii.or.jp/cutback02/company/file/02032-001.pdf

エネマネ事業とはSIIに登録されたエネマネ事業者(関電工)とエネルギー管理支援サービス
契約を交わしEMSの制御効果と省エネ診断の運用改善効果で原油換算量ベースで省エネ率2%以上を達成する経済産業省の補助事業です。 補助率1/2以内(大企業1/3以内)