お知らせ

2018.11.26

ニュースリリース

「第60次南極地域観測隊」へ参加

株式会社 関電工(取締役社長 森戸 義美)は、大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構国立極地研究所からの要請を受け、当社社員の松嶋 望(32)と曽宮 優一(31)を南極地域観測隊に派遣いたしました。二人は7月より国立極地研究所に出向し、設営隊員(機械担当)として越冬訓練や設営計画の検討など、準備を進めてまいりました。南極では昭和基地内の電気・空調設備の設営や保守管理等を行います。(当社は、1986年の第28次南極地域観測隊から越冬隊 23回、夏隊11回 合計34回に亘って社員を派遣)
 二人は11月25日に日本を出発しました。空路でオーストラリアに入り、11月10日に晴海ふ頭を出港している南極観測船「しらせ」に、フリーマントル港(オーストラリア)で乗船し、南極を目指します。
なお、現在は内山 宣昭が第59次南極地域観測隊越冬隊(2017年11月~2019年3月)の設営隊員として、基本観測棟の建設をはじめとした設営業務を担っています。

参加観測隊 第60次南極地域観測隊 越冬隊 第60次南極地域観測隊 夏隊
参加者 松嶋 望(まつしま のぞむ) 曽宮 優一(そみや ゆういち)
所属 国立極地研究所南極観測センター (当社所属:営業統轄本部         施工品質ユニット 技術企画部) 国立極地研究所南極観測センター (当社所属:営業統轄本部         施工品質ユニット 技術企画部)
参加期間 2018年11月~2020年3月 2018年11月~2019年3月
担当業務 設営(機械担当) 設営(機械担当)

第59次夏隊に続き2度目の参加の松嶋(左)と、
初めての参加となる曽宮(右)