お知らせ

  • TOP
  • お知らせ
  • メガソーラー発電事業のファンド構想に係る連携について

2016.08.03

ニュースリリース

メガソーラー発電事業のファンド構想に係る連携について

MRI・MUMSS と出力抑制無制限案件の事業化やファンド組成に向けて協力

株式会社関電工(本社:東京都港区、取締役社長:森戸 義美)は、株式会社三菱総合研究所(本社:東京 都千代田区、代表取締役社長:大森 京太、以下「MRI」)および三菱 UFJ モルガン・スタンレー証券株式会社 (本社:東京都千代田区、取締役社長:長岡 孝、以下「MUMSS」)と、出力抑制無制限案件を含むメガソーラー 発電事業の長期的な健全運用を進める連携の合意書を 7 月に締結しました。

本取り組みを通じて、太陽光発電事業の適切な開発及び健全な運営を行うことにより、わが国における長期安 定的なエネルギーの確保に貢献してまいります。

 

2015 年 1 月 26 日の再生可能エネルギー特別措置法施行規則改正により、電力系統への接続に制約が生じ る中、最大限の再生可能エネルギー導入を実現するため、より実効的かつきめ細かな出力抑制ルールが導入さ れました。本改正に伴い、東京・中部・関西電力を除く電力会社エリアで今後開発されるメガソーラー発電のうち 接続可能量を超過したものについては、無制限・無補償の出力制御を受けることになります。出力抑制無制限 案件については、売電量の予測が立たず採算性の検証が困難となるため、融資等を受けにくくなり開発や買収 が進まないことが課題とされています。

その解決に向け、MRI、MUMSS および関電工は、出力抑制無制限案件を適切に評価し事業採算性を見通し た事業運営と、ファンド組成に向け協力していくことといたしました。 当社と MRI は、各エリアの電源構成を模擬した需給シミュレータを開発・活用し、具体的なメガソーラー発電サ イトにおける出力抑制量を定量的に予測することで売電可能量を評価します。出力抑制無制限案件の事業性 を適切に評価し運転受託の見極めを行うことで、事業採算性を見通した事業を運営し案件事業化を促進します。

こうした一連の動きと併せて、これまでの当社の発電事業を通じて蓄積したノウハウを最大限に活用し、太陽 光発電所などの O&M サービス受託を積極的に展開するため、7 月 27 日に当社 100%子会社の株式会社エナ ジーO&M を設立いたしました。

本取り組みにより、技術面、資金面等の事情により開発が停滞しているメガソーラーサイトの適切な開発を推 進するとともに、事業のオーナー側の事情(事業継続が困難)や技術面での課題(十分な発電量が得られない、 売電量が適切に評価できない等)を抱えるメガソーラーサイトの価値を最大限に高め、長きにわたり地域から愛 されるメガソーラー発電事業の健全な運営に貢献してまいります。これにより、太陽光発電事業を電力の安定供 給の一翼を担う長期安定的な電源とする「PV100 年構想」の実現を目指します。

 

本件内容に関する問い合わせ先:
戦略事業本部 環境エネルギー発電事業部 O&Mチーム
℡ : 0 3 - 5 4 7 6 - 3 8 6 0
mail:om@kandenko.co.jp

本件取材に関する問い合わせ先:
総 務 部 ℡ : 0 3 - 5 4 7 6 - 3 3 8 4